スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カードゲームに措ける自由度とは?

カードゲームに措ける自由度は簡潔に示せます。
ゲームシステムの段階でのコストの有無と制約です。

デュエマ・MTGのマナ。この二つのゲームは基本的にはマナが無ければ何も出来ません。また一ターンに一度という制約もゲームのバランスを取るのには大いに貢献しますが自由度が犠牲になっています。

バトスピのコアこれは初めから一定数は与えられているため比較的自由度は約束されています、またライフとコストの追加が直結しているため優勢時は自由度が上がらず、劣勢時には自由度が上がるというバランスも取れています。

ヴァイス、キャラの攻撃=コストをためることと直結しているためコストは1ターン最大3しかためることが出来ませんが、そもそもコストを使うカードもそこまで多くは無いのでその点では自由度を左右されていません。問題は制約が存在し自分のレベル(ライフ)がある一定行かねば使えないカードも存在する事です。先に記したバトスピと同じで劣勢と優勢のバランスは巧く取れているのですが如何せんレベルが上がるのに時間が掛かる。

ヴァンガード、コストがライフと直結していますがそもそもあまりコストを使うカードも多くないので気にならないです。ライドを行う回数が1ターンに一度と言うのもコストが余り関係しないゲームなのでバランスは取れています。それよりも気になるのがカードの種類(呪文やネクサスやクライマックスとかそうゆう意味)が一種類しかないのが気になります。カードの種類の多さも自由度に関係するのです。

一番の問題児遊戯王、制約は通常召喚は1ターンに一度だけだけ。ゲームシステムとしてのコスト無し。フリーダム過ぎだろorz
まずは制約についてこのゲームが通常召喚しかモンスターを出す方法が存在しないのならばこれはバランスが取れていたといえるでしょう、所がどっこい特殊召喚という1ターンに制限の無い召喚方法が存在し珍しくもありません。他のゲームを見て貰えば分かるように制約は初めから何でもかんでも出来ないように設けてあります。理由は簡単でカードゲーム最大のバグ(ワンキル)を無くすためです。
これはコストにも言える事で、コストを設けることでターン中のカードの使用枚数を制限しバグを無くすように作られるのが普通なんですが、このゲームにはそれが無い。そりゃー世界大会もワンキルが勝つさ。
トラップなど相手ターンで行動を行える回数が多いのもこのゲームの自由度の高さを示しているといえます。
その自由度の高さが人気の理由なのでしょう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

アナログ時計(黒)
プロフィール

神風のワイアット

Author:神風のワイアット
英語で自殺的とか無謀なとかって意味の神風のワイアットです
主に福岡県大牟田市のあんとくに居たり、熊本県荒尾市のぐる倉に居たりする醜い生き物は俺です。生きててすいません。
遊戯王やってるくせにMTGまで始めましたアホですね、更にヴァンガードも始めました愚かですね、バトスピも始めました莫迦ですね、何だかんだでヴァイスにカオスに三国志大戦TCGも始めて最早カード(ゲーム)破産する未来しか残されていない今日この頃

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。